CATEGORY:プロテイン

太りたい人のためのプロテインについて

まずはじめに

運動をせずにプロテインばかり飲んでいれば太れるという話をよく耳にしますが、これはまったくもって偽りの情報です。

プロテイン程度のカロリーでは太ることはできませんし、どちらかというと痩せる可能性すらあります。

私は実践してきましたが、声を大にして言いたいのが、ダイエットしたい人こそプロテインを飲めば効果あると思いますよと。

ではなぜプロテインを飲むと太るという偽りの情報が出回るようになったのかと自分なりに考えてみると、さまざまな誤解から発生したのかなと推測できました。

プロテインのことを筋肉がつく薬だと思っている。

ボディビルダーなどがプロテインを愛用していることなどから、それは薬だと勘違いしている人がいます。
プロテインは薬でもなんでもなく、ただの加工食品なので、これは間違っています。

効率的に必要な栄養素を摂取できるように加工された食品そのものです。
そのため、特別体を変化させるような効果は全くもってありません。
「運動せずにご飯を食べると太る」と当たり前のことをいっているのと同じです。

プロテインはカロリーが高いものだと思っている。

筋肉をつけたり、体を大きくするために、プロテインに含有されているカロリーがとてつもなく多いものだと思っている人もいます

メーカーやジャンルにもよりますが、1食あたりプロテインは120キロカロリー前後しか実はありません。

おにぎり1個が170キロカロリー、コーラ500mlが200キロカロリーなので、1日に数回程度飲んだからといって太るほどのカロリーはありません。

脂肪すら筋肉に変えてくれるものだと思っている。

脂肪を筋肉に変換してくれる。
もしくは筋肉を脂肪に変換してくれるなんていう偽りのことを言っている人もまたいます。
真実は、脂肪は脂肪、筋肉は筋肉なので、変換されることはありません。

おそらくぽっちゃりな人が、痩せてムキムキになったことがあるのをみて、脂肪が筋肉に変わったという誤解を招いてしまったいるんですが、それは脂肪が減ったことによって脂肪の下にあった筋肉が表面に露出されるようになっただけなのです。

ボディビルダーが一度太ってから、それを筋肉にしていくなどというのも全くの嘘です。
筋肉を大きくするためにオーバーカロリーの食生活をしているあまりに、その弊害で脂肪がついてしまっているというだけのことなのです。

脂肪の下では、着実に筋肉も大きくなっていってます。
それで、皮下脂肪を落とすことによって、筋肉の露出が大きくなるということです。